So-net無料ブログ作成
検索選択

インドがネット大国に 世界最安タブレット Aakash [エンタメ・グッズ]

インドで世界最安のタブレット端末が発売された。
その名は「アーカッシュ(Aakash)」

その受注台数だが、ネット受注開始2週間で140万台を突破すると云う勢い。
インド政府が端末製造を依頼しているイギリスの通信機器会社データウインドが3日、メディアに語った。

このアーカッシュは、「大衆のためのコンピューター」としてインドで10月に発表。
前年12月14日にネット受注販売を開始していた。
OSはアンドロイド2.2、7インチ・タッチスクリーン、2GB外部記憶装置USBポート2つを搭載、
Wi-Fiインターネット機能とマルチメディアプレーヤーを内蔵している。

バッテリー駆動時間は3時間。
だが、価格が凄い。1台2500インドルピー、日本円で、なんと約3600円。

 インドでは、アップルのiPadがどんなに安くても600ドル(約4万6000円)するとゆうのに!
貧しい国民の多いインドで、アーカッシュへの期待は高い。

製造を請け負っているデータウインドは反響の大きさに驚いている。とコメント。v 現在、3月発売の同機のハイスペック機種「Ubislate 7」の予約も受付中だ、
注文の殺到に備え、年内に製造工場を3か所新設するという。

4月をめどに、1工場当たり月間7万5千台を生産する予定だとしているが、v インドのメディアは、同社のアーカッシュの在庫は既に尽きたと報じている。

中国や、韓国などと同様にインドの国民がネットの世界で台頭してくるのも、時間の問題カモシレナイ。
日本も、過ぎ去った経済大国意識を考え直さないとならなくなる。




使い分けるパソコン術 (ブルーバックス)

使い分けるパソコン術 (ブルーバックス)

  • 作者: たくき よしみつ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/09/21
  • メディア: 新書



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。